SCHOOL学校紹介

ヘアメイク科3つのポリシー

ヘアメイク科は、滋慶学園の「建学の理念」(実学教育、人間教育、国際教育)と4つの信頼(学生・保護者からの信頼、高等学校からの信頼、業界からの信頼、地域からの信頼)を基盤にヘアメイク、ブライダルヘアメイクとして活躍できる人材を育成するために、3つのポリシーを定めています。

  • DP(ディプロマポリシー)=卒業時にどのようなスキルを身につけていてほしいか。

ヘアメイク科は、滋慶学園の「建学の理念」と「4つの信頼」に基づいて、知識、情報力、感性、想像力、コミュニケーション力ならびに社会人基礎力を身につけヘアメイク業界で即戦力として活躍できる学生を社会・業界に送り出します。

学生が卒業までに身につけるべき資質を以下に示します。

  1. トップサロンゼミ・アシスタントプログラム・実習プログラムを通して、社会人基礎力や現場力を身につけ自ら考え行動できる。
  2. へアメイク業界との連携により、必要な知識とマナーを幅広く学び、どんな現場でも対応できる力が身についている。
  3. 北海道内における産学連携プログラム、ボランティア活動などにより、北海道の魅力を発信する力がついている。
  4. ヘアメイクとしてのセルフプロデュース力が身についている。
  • CP(カリキュラムポリシー)=ヘアメイク科のカリキュラムについて。

ヘアメイク科は、滋慶学園の「建学の理念」と「4つの信頼」を実現するために、「専門教育」と「キャリア教育」を体系化した職業人教育のカリキュラムを北海道や東京で展開し、美容人材としての幅を広げます。
また、海外研修などの国際教育を通じ、国際感覚を身につけるカリキュラムを提供します。

カリキュラムの柱を以下に示します。

  1. 美容業界等と連携したトップサロンゼミや実習プログラムを提供します。
  2. 最新を学ぶカリキュラムで技術と感性を磨き、入学者一人ひとりの希望に合った2コースのプログラムを提供します。
  3. 国際感覚を養うため、海外研修、国際教育(国内での研修)を提供します。
  • AP(アドミッションポリシー)=ヘアメイク科で求める学生像

滋慶学園の「建学の理念」と札幌ベルエポック美容専門学校の「教育の目標(開講の目的)」に共感できる入学者を国内、国外問わずに受け入れます。

求める人材は以下に示します。

  1. 目的、目標が明確で、将来へアメイクとして活躍し、社会に貢献したいと考えている人。
  2. 何事にもチャレンジしようという好奇心と挑戦心がある人。
  3. 主体性があり、自ら学び行動が出来る人。
  4. 他者を尊重し、思いやりの心がある人。